元々は国境のない貨幣を作ることが目的

貨幣と言うのは基軸通貨はあったとしても、全世界で統一されている貨幣があるわけではないです。そこに着目して作られたのかビットコインです。色々と種類が実はありますが、基本的にはコンピュータで作られた、ネットワーク上の通貨、という認識でまったく問題ないです。このビットコインですが、物凄い可能性を秘めています。世界の貨幣のパワーバランスを変えるポテンシャルがあります。それは世界的に使えるようになれば期待できます。

何に使うことができるのか

仮想通貨ですから、現実にコインとして存在しているわけではないです。そこが古い感性の人にはわからない部分になります。逆を言えば新しい関係の人には非常に魅力的に感じるわけです。欲しがる人が増えれば、それに価値を見出す人がどんどん増えれば、ビットコインは価値を増すようになります。そして、様々な決済に使えるようになります。貨幣は決済に使えることが、最低条件です。国境を越えて、エクスチェンジなしに決済ができるのは大きいです。

将来的に目指すことについて

ビットコイン、つまりは仮想通貨が最終的に目指していることは、信用が揺らがない通貨です。これによって、金融の異常な盛り上がりや落ち込みによる価値の暴落も防ぐことが可能になります。そこが重要なポイントであり、多くの人が理想としている貨幣と言えます。ゴールドやシルバーなどの秤量貨幣に原点回帰しようとする動きすらあった世界的な貨幣経済ですが、ビットコインの出現によって、新しい局面を迎えているといっても過言ではなくなっています。

ビットコインはインターネット上で利用する世界中で利用することを目指して作られた仮想通貨のうちの一つです。