一瞬にして情報が世界を駆け巡る時代

今ではインターネットが普及して、更にいろいろなSNSが出現してきたために、一瞬にして情報が世界を駆け巡る環境になって来ています。情報化社会においては大切なことであり、どこにいてもリアルタイムに情報を得ることができるようになったために、例えばインターネットを利用して株式取引やFX取引が可能になったのです。これはメリットも多いですが、反面、情報の正誤を判断することが、情報を利用しようとする人自身にゆだねられることになります。

正しい情報を掲載させること

そのため明らかに間違っている情報や間違いを想像させる情報については削除して、正しい情報で流布させることが必要になります。そのために最近ではネットワーク監視をおこない、明らかに正しくない情報であったり、誹謗中傷に該当する情報については削除することが必要になり、そのような業務を専門におこなう企業も現れてきています。ネットワーク環境は自由であるがゆえに、それを監視して規制することがネットワークを成長させるためには必要になります。

間違った情報がないか監視する仕組み

ただ全てを監視するには情報が多すぎます。そのため企業から依頼を受けた監視専門会社がその企業に関する情報をチェックして不適切な情報を削除したり運営しているサイトに削除依頼を出したりします。企業としても自己防衛の一環として、そのようにネットワーク環境上で監視を外注したり、また自社でそのような部署を持ち監視業務をおこなっています。情報が一瞬にして広まる環境にあるために、間違った情報が流布しないように自己防衛することも今では求められています。

コンフィグ管理は、IT用語として使われています。システムの構成や企画によって生まれる成果を管理する意味を持ちます。